瓦屋根は塗装する必要はあるの?|土浦市のお客様からの御質問

皆様こんにちは!代表の小椋です。

よくお客様とお話ししている時に色んな事を質問されます。これは塗装できるのか、あれには何を塗るのか、彼はどんな人間なのか、どのような順番で施工していくのか等々、知らないことだらけなのはやはり不安ですよね。そこで!本日より不定期ではございますがお客様からお寄せいただいた疑問に対して随時お答えしていきたいと思います。

本日のご質問は瓦は塗装出来るのか?という御質問です。

色々ある瓦の種類

一言に瓦と言っても瓦には実は色んな種類があります。ということで瓦の種類についてどんな瓦があるのかを紹介していきます。

陶器瓦

粘土を瓦の形にかたどったものの上に釉薬(うわ薬)をかけて、窯の中に入れて高温で焼き上げた瓦です。瓦表面の釉薬がガラス質になっているため、水が浸透せず、長い年月を経ても美しい状態を保て、メンテナンスの必要がありません。したがって塗装をする必要もありません。陶器瓦なのに塗装しましょうと言う業者は信用出来ませんね。

いぶし瓦

陶器瓦と同様粘土瓦の一種ですが、陶器瓦と焼成方法(焼き方)が違い、粘土を瓦の形にかたどったあと、何もかけずに窯の中に入れて焼き瓦の表面に炭素膜を形成させ、瓦全体(裏も表も)が渋い銀色をした瓦ができあがります。 日本建築のお城や社寺の屋根に多く使われ、深い味わいを醸し出しています。 ただ、表面の炭素膜が年月の経過と共に剥がれ落ち、変色していきます。変色してくると劣化してダメになると思いがちですが、こちらも陶器瓦と同じく塗装の必要はございません。ですが気になる様でしたらこちらの塗料でなら施工可能です。

セメント瓦

厚型スレートまたは、コンクリート瓦とも言われ、その名の通りセメントと砂を主原料としたもので、表面処理(塗装)をして使われます。塗料で着色するので、どんな色にもすることが出来、家の形や壁の色に合わせて変えることが出来ます。ただ、経年により変色、脱色がおき、数年ごとにメンテナンス(塗装)が必要となりますのでこまめに塗装しないと、セメント瓦自体の劣化が早くなってしまいます。

スレート瓦

スレート瓦はセメントと繊維性のものを主原料としたもので、セメント瓦同様表面処理(塗装)をしてあるものを指します。俗にコロニアルやカラーベストとも呼び、現在では多くの住宅に施工されています。陶器瓦やいぶし瓦と比べ重量が軽いのですが、平たいスレートの場合、屋根地(木材)部分の通気性が悪く、木材の腐食や劣化をまねくことがあります。またセメント瓦のようにメンテナンス(塗装)が必要となります。

まとめると・・・

陶器瓦やいぶし瓦の様な粘土瓦は塗装の必要はございません。ですがスレート瓦やセメント瓦の場合は塗装が必須となります。近年では和風建築の建物以外は圧倒的にスレート瓦かセメント瓦が多くなってきていますので、塗装の必要性というのが増してきていますね。他にも屋根材にはトタンやガルバニウム鋼板、銅板などの金属から日本古来の藁葺や杉の皮などの天然由来のものまで様々です。そしてその種類によってメンテナンスの仕方も違いますので、しっかりと知識のある業者さんに相談することをオススメ致します。

土浦市、つくば市、阿見町近隣にお住まいの方は是非奥広にご相談くださいね♪