外壁塗装の費用の相場ってどのくらいなの?|土浦市のお客様

皆様こんにちは!奥広代表の小椋です。今朝、新一年生達が小学校に登校する姿を見ていて、とってもピュアな気持ちになれました。僕にもこんな時期があったのかなと、ふと、小学生の時の頃を思い浮かべてみると、カエルやらミミズやらの思い出しか浮かんできません(^^;)

トップの画像とは全くの正反対の話でしたね。ということで、今回は外壁塗装の相場についてお話して参ります。

厳密に言うと「塗装工事」の相場はありません

そうなんです。「塗装工事」の相場というものは存在しないんです。

なんだよ!と思われるかも知れませんが、形や大きさ、内容の違う商品に同じ値段を付けることが出来ないのと一緒なんです。

スーパーに行って果物を見てみてください。同じ形、同じ大きさでも消費期限や、産地によって全く金額が違うんじゃないかと思います。それが大きさや形が違えば尚更ですよね?

建物の形や大きさはそれぞれ違いますし、使われている建材も違います。それに経年した時間も違えば、傷み具合もそれぞれです。

大きさが違えば使う塗料の量も変わります。外壁材が違えば使う塗料の種類が変わります。傷みがあれば補修が必要になります。

ですので一概に「大体いくらですよ」とは言えないのです。

もし、建物を見ずに金額を決めたり、パッと見ただけで金額を言うような業者さんは、大事な箇所を見落としているか、そもそも最初から色を付ける事ぐらいしか考えていないでしょう。手抜き工事をする可能性が高いですね。安くても後々困ることになるでしょう。

それじゃあ予算も組めないよ?

塗り替えしたくても相場がわからなければ予算も組めないじゃない!と思われている方。

ご安心ください。

「塗装工事」の相場が無いと言っただけで、お住まいがどんな建物なのかで目安の金額は出てきます。ですのでまずはしっかりとご自分のお住まいがどんな建物なのかを知る必要があります。少なくても、外壁、屋根の素材ぐらいは覚えておきましょう。

外壁の種類による金額の違い

Aサイディング

サイディングとは・・・・・・コチラをご覧ください

サイディングにはシーリング目地があるものが多いんですね。このシーリング目地が劣化していると交換工事をしなければなりません。劣化したサイディングの目地から水が浸入して内部を腐らせてしまうからなんですね。で、このシーリングですが塗り替えの時期になると大抵劣化しています。

ですので外壁がサイディングの場合はシーリング工事が伴うことがほとんどです。

シーリング工事+サイディング外壁の塗装の大体の目安になります

(塗料は関西ペイント:アレスダイナミックTOPを使用)

①~30坪 ¥300,000~¥400,000-

②~40坪 ¥400,000~¥550,000-

③~50坪 ¥500,000~¥600,000-

④50坪~ ¥550,000~

 

Bモルタル

モルタル壁とは、左官で仕上た外壁の事です。意匠性が高く、断熱効果も高いですが、揺れに弱く地震等でヒビ割れが入りやすいのが特徴です。

サイディングと違い目地が無いのでシーリング交換工事は必要ありませんが、先ほど申し上げたように揺れによるヒビ割れが入ってしまっていると補修工事を行わなければなりません。

ヒビ割れを掘って中にシーリング材を充填し、モルタルでフタをした後に廻りの模様に合わせて模様付けを行います。ただ表面にシーリングを塗ったくるだけだと漏水止めとしては弱いですし、シーリング材が剥がれやすく、なにより見た目が悪いです。

さて、モルタル壁の金額の目安ですがヒビ割れが入っていないと仮定してのお話になります。

(塗料は関西ペイント:アレスダイナミックTOPを使用)

①~30坪 ¥200,000~¥300,000-

②~40坪 ¥250,000~¥350,000-

③~50坪 ¥350,000~¥450,000-

④50坪~ ¥450,000~

☆付帯物

この他に軒天や破風板、雨樋や雨戸などの付帯物の塗装があります。

大体¥130,000~¥200,000-ぐらいでしょうか。

塗料の種類が変われば金額も変わります。ですが特殊な塗料を使用しない限り大幅に変わると言うことはないかと思います。

おおよそこの金額の範囲内であれば安心してもいいのではないでしょうか?但し、保証などはしっかりと確認してくださいね。

屋根の種類による金額の違い

屋根の種類の違いはコチラをどうぞ

aコロニアル

コロニアルは今一番普及率の高い屋根材です。瓦に比べて薄くて軽い建材です。しかしある作業をせずにただ塗ってしまうと後々大変なことを引き起こしかねないんです。

それは縁切り呼ばれる作業です。

縁切りとは屋根の内部に溜まった湿気や雨水をコロニアルの重なり部分から吐き出すために、コロニアルの重なり部分に切り込みを入れる、もしくは塗膜で覆われて固まらないように、タスペーサーと呼ばれるものをコロニアルの重なり部分に挿入する作業の事です。

この作業を抜いてしまうと逃げ場を失った湿気がどんどん溜まって屋根の下地を侵食していってしまうんです。

したがってコロニアルの塗装は

コロニアル塗装+縁切り作業になり、金額の目安は

(塗料は関西ペイント:アレスクールSiを使用)

①~30坪 ¥150,000~¥250,000-

②~40坪 ¥200,000~¥300,000-

③~50坪 ¥350,000~¥450,000-

④50坪~ ¥400,000~

bセメント瓦

セメント瓦は今では新築にはほとんど使われなくなってきました。俗に言う洋瓦(西洋風の建物には多いですね)もセメント瓦です。こちらは縁切り作業はほぼ必要ありません。

(塗料は関西ペイント:アレスクールSiを使用)

①~30坪 ¥120,000~¥220,000-

②~40坪 ¥170,000~¥270,000-

③~50坪 ¥300,000~¥400,000-

④50坪~ ¥350,000~

cガルバニウム、トタン

どちらも鉄で出来ている屋根になります。鉄板は放っておくと錆びてしまうのが特徴ですが、ガルバニウムは錆びにくい建材ですのでお手入れが楽になります。

状態によって下処理の仕方が変わってきますが、下地の状態が良好な場合の金額の目安になります。

(塗料は関西ペイント:アレスクールSiを使用)

①~30坪 ¥120,000~¥220,000-

②~40坪 ¥170,000~¥270,000-

③~50坪 ¥300,000~¥400,000-

④50坪~ ¥350,000~

こちらも外壁と同様塗料の種類が変われば金額も変わります。ですが特殊な塗料を使用しない限り大幅に変わると言うことはないかと思います。

組み合わせてみてください

たとえば40坪の壁サイディング、屋根コロニアルのお住まいの場合

A②+a②+☆

そうそう、足場代を忘れていました。

◆足場代

足場にも種類がありますが、大抵は、足場架設、仮設階段設置、飛散転落防止メッシュシートが含まれます。金額の目安としては

①~30坪 ¥180,000~¥220,000-

②~40坪 ¥200,000~¥250,000-

③~50坪 ¥250,000~¥350,000-

④50坪~ ¥350,000~

となります。

てことは

たとえば40坪の壁サイディング、屋根コロニアルのお住まいの場合

A②+a②+☆+◆②=¥930,000-~¥1,300,000-

が目安の金額になります。これはあくまで補修が無い場合の金額です。

金額に巾がありますがここは業者さん次第というところでしょうか。

いかがでしょうか?ご自分がお住まいになっている建物を部位ごとに何でできているのか調べて、金額の目安にしてみてください。

この金額からはみでるような見積もりなら要注意かもしれませんね。